Pocket
LINEで送る

前回“【知っておきたい!】電動アシスト自転車に関する基礎知識 part1”にて自転車に関する基礎知識をQ&A形式でご紹介致しました。

今回は、電動アシスト自転車における「バッテリーに関する予備知識について」や「電動アシスト自転車の魅力」「おしゃれな電動アシスト自転車について」などの、よくあるQ&Aをご紹介したいと思います。

ーー index ーー
Q1電動アシスト自転車の魅力は?
Q2バッテリーの充電はどうやるんですか?
Q3バッテリーの寿命はどのくらいですか?
Q4一回の充電でどのくらい走れますか?
Q5雨ざらしは大丈夫ですか?
Q6かっこいい電チャリはどれですか?
ーーーーーーーー

Q1電動アシスト自転車の魅力は?

電動アシスト自転車の一番の魅力といえば、ご購入されたお客様のライフスタイルを大きく変えることではないでしょうか。

実際にご購入頂いたお客様が体感された、ライフスタイルの変化をご紹介したいと思います。

  • ご購入頂いた男性の例
    これまで電車で50分ほどかけて通勤されていましたが、電動アシスト自転車に切り替えてから通勤時間を10分も短縮出来たそうです。その10分間はお子様との朝のコミュニケーションに充てているそうです。満員電車から開放され、アイスコーヒーを飲みながら優雅に通勤されているとのこと。片道10kmの距離はとてもいい運動で健康的になり、風邪も引きにくくなったとの声を頂いております。
  • ご購入頂いた女性の例
    幼稚園の送り迎えをきっかけに電動アシスト自転車を購入されたそうです。電動アシスト自転車を利用し始めてから、お子様を連れ、徒歩では行くことが出来なかった2駅先の公園や、カフェ巡りなど様々な場所に行くことができるようになったそうです。スーパーで沢山お買い物をしても荷物の持ち運びは全く気にならなくなり、子供乗せを卒業してからも12年間電動アシスト自転車を愛用しているといった声を頂いております。

電動アシスト自転車がもたらす、ライフスタイルの変化をぜひとも実感してみて下さい。

Q2バッテリーの充電はどうやるんですか?

電動アシスト自転車をご購入して頂くと、バッテリー専用のスタンド型充電器が付属されております。ご自宅のコンセントに専用充電器を差し込んで頂き、約2時間~約6時間(バッテリー容量により変動)充電して頂きます。

ただし冬場など温度が低い環境で充電すると、うまく充電されていない、アシスト機能が弱まってしまうといったケースもございます。なるべくリビングなど温度が高く、温かい場所での充電をおすすめします。

Q3バッテリーの寿命はどのくらいですか?

最新(2016年現在)の物で、その寿命は平均約2~3年、充電回数にして約700~900回と言われています。しかし、使い方次第でバッテリーの寿命を伸ばすことも可能です。コツは”充電回数を減らす”ことです。

続きは、こちらの記事を御覧ください

専門店スタッフが教える バッテリーの寿命を長持ちさせるコツ

Q4一回の充電でどのくらい走れますか?

電動アシスト自転車の走行距離は、バッテリーのサイズ・容量によって変わります。

たとえば、ヤマハで発売されているLサイズのバッテリーは8.7Ah(2016年12月時点)で、走行可能距離は約38km、XLサイズのバッテリーは12.8Ah(2016年12月時点)で、走行可能距離は59kmとなっております。その他、小容量バッテリーなどもあり、モデル・メーカーによって種類は様々ございます。

また、走行可能距離は道路状況、走行モード、走り方、気温、車載重量によっても異なります。通勤や街乗りなど、ご用途に合ったバッテリー容量のモデルを選びましょう。

Q5雨ざらしは大丈夫ですか?

はい、濡れても問題はありません。モーターユニットがしっかり防水加工されているため感電の心配などもありません。雨天時の走行も可能です。

ただし、バッテリーを外した際の装着部分を直接濡らしてしまうと故障の原因になる場合がございます。駐輪場に屋根がついていない方は自転車カバーのご使用をおすすめ致します。

Q6かっこいい電チャリはどれですか?

こちらの記事では、代官山モトベロで人気のおしゃれでスタイリッシュなデザインの車種をご紹介しております。

ぜひご参考までに御覧ください。

【代官山】思わず乗りたくなる!おしゃれな電動アシスト自転車 5車種

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したご質問以外にも、不明な点や疑問な点がある場合には、ぜひご来店・お問い合わせ下さい。

関連記事:

【知っておきたい!】電動アシスト自転車に関する基礎知識 part1

Pocket
LINEで送る