Pocket
LINEで送る

自転車を乗るのにうってつけな秋のフィールドを、最新の電動アシスト付MTB(マウンテンバイク)=「E-MTB」で楽しんだモトベロスタッフのレビューをご紹介。

BESV TRS2XC

スタッフコメント

スタッフK

先行発売されていたTRS1と比べてヘッドアングルが寝ぎみになり、坂を下る際の安定感が増しました。

また、サスペンションストロークが増し、ヘッドアングルが変わったのでハンドリングのレスポンスの早さはTRS1にやや劣りますが、ゆったりと街乗りするも良し、悪路を気にせずアグレッシブな走りをするも良し。

様々な用途にも対応出来る自転車へと仕上がっています。

スタッフM

フレーム一体型のバッテリーのおかげでデザインがスマート!
他社の同仕様に比べてコストパフォーマンスにも優れています。

タイヤが太いのにもかかわらず、モーターアシストに任せてスピードに乗せてしまえば予想以上に速く走れるといった印象です。

【製品仕様】

  • 販売価格:396,000円(税込)
  • サイズ:400mm(S)/ 425mm(M)
  • 重量:20.8kg(S)、20.9kg(M)
  • フレーム :アルミフレーム
  • ギア:外装変速10段(前1速×後10速)
  • バッテリー:36.0V/14.0Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:140km

BESV TRS2AM

スタッフコメント

スタッフK

150mmトラベルのフロントフォークを採用したフルサスペンションE-MTBは、AM(All Mountain)の名の通りどんな山道も楽々下れるようになっています。

前後フルサスペンションによる重量増もシマノSTEPSのアシスト力で、坂道でも踏みしめる様に登ってくれます。

車体重量があるので、下りで攻めた走りをする場合は使用者のライドスキルが求められそうですが、ゆったりとトレイルを流すには頼れるパートナーです。

スタッフM

フィールドで攻めた走りなんてしない(出来ない)ライダーにとって、オフロードで最良の友となり得る存在です。

前日の雨で泥濘んだ坂道も座ったままで登れてしまう登坂性能に感激。

普段オンロードでしか自転車に乗らない人間にとって、濡れた山道は到底走れる場所に感じませんが、車体性能でバッテリーの続く限りどこへでも連れて行ってもらえます。

【製品仕様】

  • 販売価格:489,500円(税込)
  • サイズ:400mm(S)/ 425mm(M)
  • 重量:23.2kg(S)、23.3kg(M)
  • フレーム :アルミフレーム
  • ギア:外装変速10段(前1速×後10速)
  • バッテリー:36.0V/14.0Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:140km

MERIDA eONE-SIXTY 9000

スタッフコメント

スタッフM

老舗鰻屋の鰻に美味いものしか無いように、スポーツ自転車界の雄【メリダ】の最高級E-MTBは文句のつけようが無い仕上がり。

軽量で高剛性のカーボンフレームや憧れのFOX 社製36 Factory E-Bike+ Air サスペンションフォークなど、素人目にもわかる仕様の上級感とその滑らかな動きからくるマイルドな乗り心地は、誰でもフィールドが一層楽しめるであろう最高の1台です。

設計からくるものなのか、構成部品のおかげなのか、登山者ですら四つん這いになるズルズルの坂道や枯れ葉の上もオフロード初心者が笑顔で登って下れる。

これに乗ればE-MTBのこれからが分かる1台と言えるのでは?

【製品仕様】

  • 販売価格:935,000円(税込)
  • サイズ:400mm(XS)/ 420mm(S)
  • 重量:22.1kg(XS)
  • フレーム :カーボン
  • ギア:外装変速12段(前1速×後12速)
  • バッテリー:36.0V/14.0Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:140km

MERIDA eONE-SIXTY 800

スタッフコメント

スタッフK

前後にRock Shox製のサスペンションを搭載し、フロントサスペンションのトラベル量は下りにも十分な160mm。

変速はshimano XT、ブレーキもshimano SLX、とshimano STEPSモーターに合わせて、信頼のshimanoのコンポーネントで固められています。

STEPSのスムーズさと、XTの変速のスムーズさとがかみ合って、電動アシスト自転車に乗っているのではなく、自分の脚力が増強されたかのような気分にさせてくれます。

足回りも2.8インチ幅のタイヤを装着し、タイヤ表面のトレッドパターンと、フルサスペンションならではのトラクションの掛けやすさとが相まって、階段や滑りやすい路面でも前へ前へと押し出してくれます。

更には瞬時にシート高を調整できる、ドロッパーポストまで標準装備されているため、手にしたその瞬間から野山に飛び出せるパッケージとなっています。

重量は22.5Kg(Sサイズ)とフルサスペンションE-MTBとしては非常に軽量で、例えるなら、「非常に良く登る少し重めのオールマウンテンバイク」といったフィーリングでしょうか。

電動のパワーと自転車の持つ走破性の高さとが相まって、フィールドを選ばず走れるどなたにもオススメのE-MTBに仕上がっています。

【製品仕様】

  • 販売価格:638,000 円(税込)
  • サイズ:410mm(S)、430mm(M)
  • 重量:22.5kg(S)
  • フレーム:アルミ
  • ギア:外装変速11段(前1速×後11速)
  • バッテリー:36.0V/14.0Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:140km

MERIDA eBIG.SEVEN600

スタッフコメント

スタッフK

27.5×2.2インチのタイヤと100mmストロークのフロントサスペンションを装着した標準的なクロスカントリーE-BIKEです。

車重が軽量な20Kg以下に押さえているので、取り回しが非常に良く、スタンドも装着可能なため、通勤から休日のホリデーライド・ジープロードまで走れるオールマイティーな1台となっています。

本格的なダウンヒルは難しいですが、ハードテールバイクならではの取り回しの良さ、軽さもあるので下りよりも登りの楽しい自転車です。

スタッフM

最新フルサス乗りのMTBerからすれば、山専用ではないマルチバイクかもしれませんが、一般的に見れば十分なオフロード走破性を見せてくれます。

また何より軽量なのが特徴で、実重量よりもずっと軽快に感じさせてくれる乗り味に加えて、ハードテールがもつ巡航性能の良さもあります。

軽いスポーツ自転車から乗り換えや、以前ハードテールのMTBに乗られていた方にオススメのE-BIKEです。

【製品仕様】

  • 販売価格:394,900 円(税込)
  • サイズ:430mm(M)
  • 重量:19.2kg(M)
  • フレーム :アルミ
  • ギア:外装変速10段(前1速×後10速)
  • バッテリー:36.0V/14.0Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:140km

YAMAHA YPJ-XC

スタッフコメント

スタッフK

乗り手の意思に合わせ機敏に反応してくれる、クイックなハンドリングは操作感良好で、バイクを操る楽しさを存分に味わうことが出来ます。

フロントギヤの掛かり良さからくるトルク感は【PW-X】ユニットの性能と相まって、どんな状況でも自然なフィーリングで走ることが出来ます。

他に比べた時の27.5×2.25というタイヤの細さからくるグリップ力の心もとなさは、好みによっては変更をオススメしますが、レーシーに走れる【E-MTB】をお探しの方にオススメの1台です。

【製品仕様】

  • 販売価格:385,000 円(税込)
  • サイズ:490mm(S)、420mm(M)、470mm(L)
  • 重量:21.3kg(S)
  • フレーム :アルミ
  • ギア:外装変速11段(前1速×後11速)
  • バッテリー:36.0V/13.3Ah リチウムイオンバッテリー
  • 最大走行可能距離:210km


  • いかがでしたでしょうか。

    趣味を楽しむための電動アシスト自転車=【E-BIKE】ですが、近年モデルの増加から「何をどのように選べば良いのか分からない?」というお声を多く頂きます。

    そのようなときは是非、電動アシスト自転車専門店のモトベロへご相談ください。

    豊富な試乗をご用意しており、どなたでもお気軽にお試しいただけます。

    更にスタッフが詳しくご案内し、お客様にピッタリの一台をご提案させて頂きます。

    E-BIKEご検討の際は、是非お近くのモトベロ店舗までお越しくださいませ。

    【スタッフK】
    生まれ育った関西を中心に趣味でもMTBを嗜むモトベロ枚方店長

    【スタッフM】
    電動アシスト含む6台と、自転車の所有台数だけは一人前のモトベロ広報

    Pocket
    LINEで送る